補償内容

「マンスリー・民泊安心プラン」は、「住宅宿泊関連事業者」のみが加入できる共済プランです。対象戸室*1内にある会員の所有する設備・備品等について、火災、風水災、漏水、盗難などの事故により損害が生じた場合を補償するとともに、住宅宿泊関連事業において会員が負担する様々な修理費用や賠償責任などによる損害も補償します。「マンスリー・民泊安心プラン」加入にあたっては会員登録が必要です。
*1: 会員が日本国内において所有、借用または管理し、かつ、住宅宿泊事業の用に供せられる加入証書記載の建物もしくは戸室をいいます。

 

内容について

「マンスリー・民泊安心プラン」は、「設備・備品補償」、「費用補償」および「賠償責任補償」がセットされた共済プランです。

 

設備・備品補償

共済期間中に発生した以下の事故によって補償の対象*1に損害が生じた場合に、1回の事故につき、損害共済金を支払います。

事故の種類支払う損害共済金の額支払限度額
(1)火災再調達価額*2による損害の額設備・備品
共済金額
300万円
(2)落雷
(3)破裂または爆発
(4)風災、ひょう災または雪災
(5)対象戸室の外部からの物体の落下、飛来、衝突または倒壊
(6)給排水設備に生じた事故または対象戸室以外の戸室で生じた事故に伴う漏水、放水または溢水による水濡れ
(7)騒じょうおよびこれに類似の集団行動に伴う暴力行為もしくは破壊行為
(8)水災。ただし、以下のいずれかに該当した場合に限ります。
①補償の対象に再調達価額の30%以上の損害が生じた場合
②床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水を被り、補償の対象に損害が生じた場合
(9)盗難。ただし、会員が盗難の発生を知った後、直ちに警察署に盗難被害の届出をし、受理されたことを条件とします。再調達価額*2による損害の額から10万円を差引いた残額30万円
(10)第(1)号から第(9)号以外の偶然な事故再調達価額*2による損害の額から5万円を差引いた残額
*1: この共済契約の対象となる設備・備品等をいいます。
<補償の対象に含まれない主なもの>自動車、船舶および航空機、ならびにこれらの付属品、通貨等、預貯金証書、電子マネー、有価証券、切手、チケット類その他これらに類するもの
*2: 損害が発生した時の発生した場所における補償の対象*1と同等のものを再取得するのに必要な金額をいいます。

 

費用補償

設備・備品補償(1)から(8)までの事故によって損害共済金を支払う場合に、1回の事故につき、残存物取片づけ費用共済金を支払います。

費用共済金の種類支払う費用支払う費用共済金の額支払限度額
支払限度額残存物を取片づけるために、会員が負担した費用費用の額損害共済金の10%

 

共済期間中に対象戸室から発生した火災、破裂または爆発によって、第三者に損害が生じた場合に、1回の事故につき、失火見舞費用共済金を支払います。

費用共済金の種類支払う費用支払う費用共済金の額支払限度額
失火見舞費用共済金第三者に対し会員が負担した見舞金等の費用被災世帯数×10万円50万円

 

共済期間中に発生した支払事由によって対象戸室に損害が生じ、会員が緊急的に自己の費用で修理した場合に、1回の事故につき、各費用共済金*3を支払います。

費用共済金の種類支払事由支払う費用共済金の額支払限度額
戸室修理費用共済金設備・備品補償(1)から(9)までの事故により、対象戸室が損壊した場合修理費用の額から1万円を差引いた残額100万円
水道管修理費用共済金凍結により、対象戸室の専用水道管が損壊した場合10万円

 

共済期間中に発生した利用者*1の責めに帰すべき支払事由によって、利用者*1が負担すべき法律上の損害賠償責任について、会員が自己の費用をもって解決した場合に、1回の事故につき、管理者対応費用共済金*3を支払います。

費用共済金の種類支払事由支払う費用共済金の額支払限度額
管理者対応費用共済金以下の事故により対象戸室が損壊した場合
① 火災
② 破裂または爆発
③ 対象戸室内で生じた漏水、放水または逸水による水濡れ
会員が支出した費用*2の額 1,000万円
対象戸室の使用または管理に起因して、第三者の身体に障がいが生じまたは財物が損壊した場合会員が支出した費用*2#の額から1万円を差引いた残額
*1: 対象戸室に関する利用契約、宿泊サービス提供契約または賃貸借契約に基づき、対象戸室を使用し、または対象戸室に宿泊もしくは居住している方をいいます。
*2: 会員があらかじめ本会の承諾を得て支出した費用に限ります。
*3: いずれの共済金も、重複してはお支払いしません。

賠償責任補償

共済期間中に発生した会員の責に帰すべき事由に起因する支払事由のいずれかに該当する事故により、会員が対象戸室の所有者に対して法律上の損害賠償責任を負担した場合に、1回の事故につき、戸室賠償責任共済金を支払います。

賠償責任共済金の種類支払事由支払限度額
戸室賠償責任共済金火災1,000万円
破裂または爆発
給排水設備に生じた事故に伴う漏水、放水または溢水による水濡れ

 

共済期間中に日本国内において発生した下表の支払事由に該当する事故により、会員が第三者に対して法律上の損害賠償責任を負担した場合に、1回の事故につき、管理者賠償責任共済金を下表に従い支払います。

賠償責任共済金の種類支払事由支払限度額
管理者賠償責任共済金対象戸室の使用または管理に起因する偶然な事故1億円

 

「受託品に係る賠償責任の一部変更に関する特約」(自動付帯)により、会員が管理する受託品に下表の事故によって損害が生じた場合にも、1回の事故につき、管理者賠償責任共済金を下表に従い支払います。

事故の種類支払う共済金の額支払限度額
火災損害賠償金の額300万円
破裂または爆発損害賠償金の額から
10万円を差引いた残額
給排水設備に生じた事故に伴う漏水、放水または溢水による水濡れ
盗難。ただし、会員が盗難の発生を知った後、直ちに警察署に盗難被害の届出をし、受理されたことを条件とします。損害賠償金の額から
5万円を差引いた残額
30万円
会員の責に帰すべき第(1)号から第(4)号以外の偶然な事故

 

共済金をお支払いできない主な場合

以下の各号のいずれかによって生じた事故、損害または費用に対しては、共済金をお支払いできません。

共通
(1) 会員の故意
(2) 戦争、内乱、テロリズムその他これらに類似の事変または暴動
(3) 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
(4) 核燃料物質もしくは核燃料物質に汚染よる事故
損害
共済金
(1) 会員または会員の法定代理人の重大な過失または法令違反
(2) 会員が所有または運転する車両の衝突または接触
(3) 補償の対象が対象戸室外にある間に生じた事故
(4) 擦傷、掻き傷もしくは塗料のはがれ等の外観の損傷
(5) 風、雨、雪、ひょう、砂じんの吹込みまたは漏入
(6) 補償の対象の欠陥
(7) 自然の消耗もしくは劣化または性質による変色、変質によって生じた損害
費用
共済金
(1) 会員または会員の法定代理人の重大な過失または法令違反
(2) 対象戸室の欠陥
(3) 自然の消耗もしくは劣化または性質による変色、変質によって生じた損害
(4) 以下のものに対する修理費用
①壁、柱、床、はり、屋根、階段等の建物の主要構造部
②玄関・エントランスホール・ロビーおよびこれらに設置された郵便受け・宅配ボックス・宅配ロッカー、廊下、昇降機、便所、浴室、門、塀、垣、給水塔等の居住者の共同の用に供せられるもの
賠償責任
共済金
(1) 会員の心神喪失または指図
(2) 会員と第三者との間に損害賠償に関する特別の約定がある場合において、その約定によって加重された損害賠償責任
(3) 対象戸室の改築、増築、取壊し、修理等の工事
(4) 対象戸室の欠陥
(5) 会員が対象戸室を明渡した後に発見された対象戸室の損壊
(6) 会員と同居する親族に対する損害賠償責任
(7) 会員の日常生活に起因する損害賠償責任
(8) 排水または排気に起因する損害賠償責任